FRQ(よくある質問)

Q: お店でコーヒーは飲めますか
A: すみません。コーヒーショップはやっておりません。ただ毎水曜日の10:00~16:00に以下の場所でコーヒーを淹れています。どなたでもおいで下さい。案内はこちら

Q: 酸味の少ないコーヒーはどれですか
A: 酸味が多いか少ないかは豆の種類よりは焙煎の深さで決まります
焙煎が浅いとどんな豆でも酸味が出ます
当店では少し深めに焙煎して、コクを出しています
酸味の多い豆をご希望お方は、その旨ご指示下さい

Q: 冷凍庫に入れれば賞味期間は長くなりますか
A: 賞味期間は酸化により決まります
したがって酸素があれば同じように劣化します
ただ酸化は化学反応ですから、冷凍庫に入れれば少しは反応を遅らせる事ができると思います
当店で実施した
賞味期限の実験結果がありますから、参考にして下さい

Q: 100gの生豆で何杯くらいコーヒーが淹れられますか
A:1杯づつ入れるのと、一度に4杯入れるのでは豆の消費量が異なります
必要な豆の量は1杯づつなら約12g、4杯なら約24g位でしょうか
生豆100gで焙煎豆約80gですから、1杯づつなら6.5杯
4杯づつなら約13杯程度です
一度に多く入れる方がお得ですし、美味しく入ります

Q: ペーパーで入れるのと、サイフォンで入れるのとは異なりますか
A: 異なります。コーヒーの抽出には温度が大切です
温度が93度を超えるとカフェインの苦みが出てきます
サイフォンは沸騰したお湯を上げて抽出するので100度近くの抽出となり、どうしても苦みが出ます
ペーパーは注ぐお湯の温度を管理すればカフェインの苦みが少なくなります
これはどちらがいいとかいうのではなく、好みの問題です
当店ではペーパーを推奨しています

Q: コーヒーを飲むと寝られないのですが
A: 焙煎したてのの新鮮なコーヒーなら全く問題はありません
寝られない、胃に悪いというのはすべてコーヒー豆が酸化しているためです

Q: 焙りたて名人での焙煎は難しそうですが
A: そんなことはありません。大阪の小学校ではNPOによる焙煎教室をやっていて、皆楽しそうに焙煎をしています
どなたにでも出来ますよ

Q: 生豆の賞味期限は
A: 1年以上持ちます

Q: 生豆の保存方法は
A: 生豆は生きていますから、冷蔵庫に入れたり、密閉容器に入れたりするのはダメです。 空気が通うような袋に入れ、日の当たらない常温で保管して下さい

Q: 豆を送って欲しいのですが
A: メールでご注文いただければお送りします。お支払いは口座振り込みでお願いします
ただ当店のモットーが「コーヒーは生鮮食品。賞味期限は豆で7日、粉で3日」と言っていますので、 一度に何キロも購入されるのはお奨めしません。せいぜい500g程度です。そうすると送料が1,000円前後になり 相当高価なコーヒー豆になってしまいます。そのためあまりお奨めできません。生豆なら大丈夫ですが